美容と教養

自分がプロとして小説を書いていきたいと思ったら、読んでくれる側のことを考えるようにしましょう。面白がってほしい、感動してほしいなどという思いを持つことも大事ですが、それ以前に自分が書いたものに対して千円などのお金を払ってくれる人なんだということを考えておくことが大事です。文章に対して千円を払うというのはなかなかの投資です。それを会ったこともない相手のために使うわけですから、そのような人たちに対する感謝などを心の中に持ちながら書いていくことがあってもいいんじゃないでしょうか。そのため、原稿を書いている間には面白いものを書くなどの気持ちも重要ですが、そのようなことも大切にしていってください。意外とこの点を忘れてしまっている人がいますけど、どんなことでもプロになるということはお金をお客さんからもらうということですから、絶対に自己満足などで終わってしまうようなものを作ってはいけないのです。自分のために書くのも当然ですが、人のために書くということも重要になりますので、ぜひその意識を持っておいてください。安い本でも千円ほどはしますし、高いものになると1500円などにもなりますので、そのことは忘れないでください。

本を一気に読んでしまうことが出来る時もあれば、少ししか読めない場合もあります。移動中とか待ち時間とかに読むような場合にはホンの数ページしか読めないなんていうことも珍しくありません。そのため、小説を読むときにはしおりが欠かせませんけど、このしおりは本屋さんで本を買ったりするともらえたりするので、それを使えばいいんですが、必ずしもどこで買ってももらえるというわけでもないのは覚えておいたほうがいいと思います。たとえばネットで買ったりするとほとんどのケースではしおりが入ってません。新書などの大きな本の場合には紐のしおりがついているのでいいんですけど、文庫本のときには紙のしおりが不可欠ですから、この点は気をつけておきましょう。そのため、以前に読んでいた本で使っていた紙のしおりはすぐには捨てないで、その後も使い続けるというふうにしたほうがいいのではないかと思います。入っていない文庫本にあったときのために、いつでも使えるしおりがあったほうが便利なはずです。どうでもいい小さなことですけど、ページをおったり表紙を挟み込んだりすると本が汚くなりますし、カバンの中に入れておくと外れてしまうこともあるのでしおりは便利ですよ。

グループで行動するとみんなで色々な意見を言い合ったりしながら過ごすことができるので、楽しいものです。でも本屋さんに行くときには気をつけたほうがいいかもしれません。なぜなら、本を置いているのはお店であっても図書館であっても静かに過ごす場所です。そのような場所にみんなで行ってしまうと騒がしくなってしまって、周りからうるさいと思われてしまうようなこともあるのです。もしも自分がそんなふうに思われてしまったらよくないのでみんなでいくような場合には気をつけておきましょう。せっかく本屋さんに行っても誰かの迷惑になってしまうのはよくありませんから、できることなら一人で行くほうがいいかもしれません。そもそも、自分が逆の立場で自分のまわりにうるさい人がいたら迷惑だと思うはずですから、その立場に自分がならないように気をつけておきましょう。図書館の場合には静かに過ごす人も多いですし、図書館は公立なのですぐに注意もされるのですが、本屋さんの場合には商売なのですぐに注意する人もなかなかいません。そのためにうるさい人は放置されてしまうことがあるので、要は自分から気をつけておくことが大事なのです。これは心得ておきましょう。

ベストセラーになっている本は後追いで読むことも多いのですが、このようなベストセラー本というのは奇妙な運命になるものです。なにかと言えば、ベストセラーになって何十万部、何百万部と売れた本はたくさん出回っているという言い方にもなりますので、このような本を中古書店に持ち込むとびっくりするぐらいに安くなってしまうのです。1500円ぐらいする本が100円以下になってしまうようなことも珍しくないのです。やはり、それだけたくさん売れたということは、それだけ数があるわけで持ち込んでくる人も多いんです。そのため、古本屋さんにしてみれば在庫をたくさん抱えてしまうことになりますので、買い取ってもらうにしても安くなってしまうのです。なぜそんなに中古書店にベストセラーになった本が持ち込まれるかと言えば、ベストセラーになった途端に後追いで買う人がたくさんいるからです。みんなが読んでいるから自分も読んでみようと思って買う人が多いのですが、読んでみたらあまり好みではなかったなんていうこともあるので、結果として古本屋さんに持ち込む人も多くなるのです。そのため、ベストセラー本だから高く売れるだろうという期待はしないほうがいいですよ。

本を読むのが好きなのと同時に本を集めていて並べるのが好きという人も多いものです。実を言えば私自身もそんなうちの一人だったりします。本は読むのも楽しいですが、そのあとも取っておくとそれを眺めるのも幸せなものです。そのために読み終えた本を大切にとっておくのですが、もしもこのようなコレクション癖のようなものがなく、あくまでも読むだけでいいということであれば、中古本で読むのが一番いいかもしれません。もちろん、新品のほうがいいのですが、今は中古の本と言っても汚れたものなどが売っているわけではありません。あまりにも古いもので貴重なものとなれば汚れているようなものもありますけど、ほとんどのものは綺麗なものしか売ってません。そのため、読むことだけが目的であれば中古でも十分だと思います。本によっては十分の一とかの価格で売ってますから、こちらで読んだほうが圧倒的にお得な気がします。もちろんコレクションするのが好きな人であっても中古で集めてもいいのですが、集めるのが好きな人の場合には中古は嫌だという人も多いので、読むだけの人のほうが中古書店で買った本はメリットがあると思います。そんな買い方もしてみてください。

先日、友人と100円ショップに行って来ました~。100円ショップは大好きでよく1人でも行くんですが・・友達と言った100円ショップは超でっかいお店で、私の中では最大級だと思っています(笑)何時間いても飽きないんですよ~。ちょっと本屋と似ていますね(笑)小説からマンガ、雑誌コーナーまである本屋は最高6時間いたことがあります。絵本コーナーまで行っちゃうくらい大好きな場所なんです。その感覚に近い100円ショップでした。「だって全て100円でしょ?見なきゃ損だよ~」って思うくらい私は駆け回りました(笑)友達は苦笑いしながらも、付き合ってくれました。面白いものを発見したんですよ~。英語の辞書や韓国語の辞書があったんです。なんか微笑ましく感じてしまいました(笑)さすが最大級ですね~。見たことない商品がたくさんありました。主に・・掃除用具的なものを購入したんです。意外と使えるんですよ~。100円だからって言ってもきちんと役割を果たしてくれるんです。これは実証済みなので・・迷わず購入することができました(笑)キッチンをピカピカにしてくれるし、パソコンや携帯の汚れまでとってくれるんです。何度か使うと汚くなるので、「お疲れ様でした」と感謝の気持ちを込め捨てています。100円以上の仕事をしてくれるので本当にいつも大満足なんです。買おうか迷ったものと言えば・・小説カバーです。結構色んな種類があって・・見てるだけで、小説が読みたくなっちゃいました(笑)買えば良かったと思い・・少し後悔しましたが、次行ったら、3つ買おうと決めました(笑)

最近は、直木賞とか芥川賞とかが発表されても、読んでみたいなと思うものも少なくなったように思うのです。あなたは、何か関心をひかれるようなものがありましたか?ないよね。毎回なんか無理矢理に選ばれている感じにも思うのです。やはり、賞を出したいと思うのかもしれないのですが、ふさわしくない小説しかなかったら、賞の権威も大きく傷ついてしまう気にならないでしょうか?あなたは、いかが思いますか?私はもう少し、賞の権威は高めていったらいいと感じてしまいます。
昔から、こんなにも直木賞とか芥川賞はつまらない小説が多かったのかな?昔は、そんなことはなかったと思います。けれども、今は駄作が多いから、正直に言って、少々がっかりしてしまうことも出てきます。このように思うのは、たぶん私だけではないから、少し改革をしたらいいのではないのかな?
でも、さまざまなバックや出版社や、その他のことも大きく関係をしていますから、賞を出さないという選択は難しいのかもしれないね。小説も売らなくては意味がない!と考えてしまう人もたくさんいるのかもしれないのですから…。まあ、小説も1つの商業ベースに乗っていますから、仕方がない現象かもしれません。

今はデジタルの時代になったから、なんでもデジタル化していますね。あなたは、そんな風潮をどんな感じに考えますか?私はデジタルもいいけれども、アナログの雰囲気も好きです。
特に、本とか小説とかはデジタルは苦手かな?やはり、紙がいいかなと思います。たぶん、このようにアナログもいいけれども、本や小説の紙の風味が好き!!という方は多いと思います。だって、本や小説は読んだら、そこに自分が読んだ時の手の跡とかがつきますよね。それが、またいいものなのにな…。そのよさがアナログになったら、消えてしまう気にならないですか?
まあ、あまり本や小説に深い思いいれがなかったら、別にそんなことは気にはならないのかもしれませんね。けれども、私は子供の時から、本当に本や小説が好きだったものですから、相当に紙の風味は気になってしまいます。
私の友人とかでも本や小説が好きではない子だったら、たぶん私の言っている意味も分からないのかもしれません。そこが、本好きなのか小説好きなのかの大きな分かれ目です。私の意味が分からない人は、たぶん本や小説のこともそんなには愛していない感じがします!本や小説愛好家ならば、「そうそう、そう思う!」と分かってくれる話ですが…

今は、小説好きの友人もいないから、毎日がさみしいな。昔は、小説好きな友人がいたから、小説のことを話をしていた時には、何かといいこともあったのです。あなたの周りには、小説が好きな子もいますか?
子供の時から、身の回りの友人とかとも、様々な小説の情報交換をしてきましたが、今はそんないい情報が少なくなったように思います。やはり、インターネットとかが発達していますから、小説のことは重要には思われていないかもしれないですね。非常に、残念です。
あなたの身の回りには、小説とかの話をする子がいますか?いたら、今はどんな小説が人気になっているとか、自分だけでは分からない知識も出てきますからいいでしょう。あーーー、私もどこかに、そんな小説の話を真剣にする子がいたらいいのにな…
そうしたら、今までの知識も紹介をしながら、さらに楽しくなっていくと思うのですが、あなたはどんな感じに思いますか?今後も、小説好き!とかいう子は、少なくなっていくのでしょうから、私も様々な友人と出会って、楽しく小説の話をすることも、難しくなってしまうのかもしれません。だんだん小説好きは、肩身の狭いものになってしまいますね。なんだか、残念だな。

若かったときには、私は様々な小説を読んできましたが、みんな覚えていますね。でも、私の友人に聞いたら、若かったときに読んだ小説のことは、みんなは覚えていないというのです。あなたはいかがでしょうか?私は、みんな頭の中に覚えています。そして、どの小説がよかったな…、とか今までも考えています。
なかなか大人になった時には、本を読む機会が少なくなってしまうものでしょう。だから、私もできる事ならば、子供の時のひまなときに、少しでも小説を読むことをおすすめします。大人になった時には、自分でも読みたいなと思っても、時間がまずないのです!時間がなかったら、ゆっくり小説を読む気にはなれないですよね。だから、あなたも子供の時には、1冊でも多く読んだらいいでしょうね。
けれども、今の子はみんな他にもやらなくてはならないことがたくさんあるから、小説なんかはのんきには読んでいられないのかもしれないね。ほかにも勉強とか塾とか…、様々なことをやらなくてはならないのか。今の子は大変ですね。でも、小説を読んでいたら、将来必ず大きく役に立つと思うのですが、いかがでしょうか?変な身につかない勉強をしていく以上に、小説は大きく役に立ってくれるよね。