自己の発展

最近、昔同僚が本屋でバイトしていたことを知りました。どんな感じだったのか聞いてみたら、丁寧にメリットやデメリットを教えてくれたので、みなさんにもお伝えしたいと思います。これからバイトをしようと思っている人は必見ですよ!まず、一番のメリットは常に本と触れあえることです。これは読書好きにとって素晴らしいことですよね。毎日色々な作品と触れあえるので、楽しいと言っていました。また、社員割引も醍醐味の1つです。本屋によっては社員割引があって、通常よりも安く小説などが買えます。同僚はこれを利用して、いっぱい買ったと言っていましたよ。ただ、ないところも多いみたいなので、事前に確認した方が良さそうです。さらに専門知識が勝手に増えていったり、売り場づくりができるといったメリットもあります。
そして、意外と体力を使うのがデメリットっぽいです。楽な仕事というイメージが強いですが、実際は違います。本がいっぱいに詰まった段ボールを持ったリ、雑誌の入れ替えをしないといけないので体力を使うことが多く慣れるまでかなりしんどい!あと「時給がそこまで高くない」と悲しそうに嘆いていました。なかなか時給が高い本屋さんってないみたいです。

眠気覚ましにコーヒーを飲んだり、エナジードリンクを飲む人は多いと思います。こうしたものに頼るのもいいですが、飲み過ぎは体によくありませんし、コーヒーを1杯や2杯飲んだくらいでは、眠気対策にはあまりならないそうです。目を覚ましたいなら歯磨きが一番いいみたいですね。私も最近知って試し始めたのですが、これがかなり効きます。コーヒーやエナジードリンクを飲むよりも効果が出ています。だから近頃は小説を読んでいて眠たくなったら歯を磨くことが多いです。
歯磨きでどうして目が覚めるのかというとメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが減るからみたいです。このホルモンは夜になると増えるみたいなので、まだ起きていたい場合は歯を磨くのが効果的だと本に書いていました。ちなみに眠気解消だけではなくて、疲労回復効果もあります!歯磨きをすると体がリラックスして、疲労感が解消されるようなので。疲れているとそのまま寝てしまいたくなりますが、疲労を回復させるためにも欠かさずに磨いた方が良さそうです。虫歯や歯周病予防にもなるから一石二鳥ですし。ただ、あまり過度にやり過ぎるのは歯に良くないともいわれているので、1日に5回も6回もやるのはやめた方がいいかも。

オークションで小説を買ったのですが、なかなか届かないので「どうしたのかな?」って不安になりました。もしかすると詐欺かもって思って相手に確認したら、私に原因がありました。お金を振り込んだと思っていたのですが、どうやら振込んでなかったようです。だから、商品をまだ発送していなかったみたいですね。すっかりと勘違いしていました。出品者がとてもいい人だったので、事情を説明すると快く発送してくれました。評価が下がると思いましたが、それも無かったので出品者には感謝しています。評価が下がると信用にかかわるので、これが一番嬉しかったです。
その本はこの間ようやく届きました。ずっと読みたいと思っていた作品だったので、最近はこればかり読んでいます。長編小説なので、まだまだ先が長いですが、毎日少しずつ読むのが楽しくて仕方がないです。みなさんもオークションでものを買う時は払い忘れに注意してください。まぁ、普通は払い忘れないと思いますが、忙しいと払ったつもりになってしまうので、落札したらすぐに入金を済ませた方がいいと思います。私もこれからはすぐに入金を済ませるようにします。ちょっとした油断が原因で評価を下げてしまうので注意しないとね。

友人が昔からの夢だった編集者になりました。全く違う仕事に就いていましたが、やっぱり諦めることができない!って言って、何社も受けてようやく夢が実現したので私も嬉しいです。ただ、転職なので難しかったみたいですね。それに経験もなかったし。でも、熱意は誰よりもあったと思うので、そこを高く評価されたんじゃないかな。あの子の熱意は本当にすごくて、編集者の勉強を常にしていました。専門知識があれば、受かりやすいみたいなので、色々なレアな勉強もしていたし。何事もこういった努力が大事ですよね。その子を見ていると私も頑張ろう!って気持ちになります。まだ、簡単な仕事しか任せてもらえないみたいですが、それでもすごく楽しいと言っています。話を聞いて私もしてみたいと思いましたが、今の仕事も気になっているので、機会があったらかな。
個人的に編集者ってどのくらいもらえるんだろうって気になったので、調べてみたら人によってかなり幅があるみたいです。年収250万円くらいの人もいれば、年収1000万円以上の人もいます。自分が手掛けたものが成功すれば、それだけ評価が高くなり、給料にも反映されるのが編集者のようです。また、仕事に対してやりがいを感じないと続けられない仕事っぽいですね。

デスク周りを整理すると仕事の効率がアップするといわれています。私も意識して綺麗にするようになってから、仕事の効率が良くなったように感じます。最近では自宅のデスクもなるべく整理するようにしています。けっこう本とかを置きっぱなしにしてしまうので、読んだ本はデスクに置かずに必ず本棚に戻すというのを意識してから、汚れづらくなりました。散らかったデスクはデメリットだらけなので、ギクッて思った人は今からでも整理してみてください。なんで散らかっているのが悪いのかというと使いたい文具や見たい書類をすぐに見つけられないからです。これって無駄な時間だと思いませんか?一日5分この作業に費やした場合、年間で30時間も損をすることになります。30時間もあれば、色々なことができますよね。さらに散らかっていると大事な書類をなくす可能性も高くなるし、使いたい文具を見つけられず、また買わないといけません。
そして、一番の問題はモチベーションの低下です。汚れているデスクを見ると頑張ろう!っていう気持ちが半減してしまいます。モチベーションを上げるためにもデスク周りを綺麗にするのはすごく大事なことだと思います。整理する際に大事なことは「どこに何を置くのか決めること」と「余計なものを置かないこと」です。

何かをしてもらった時に「すいません」ってついつい言ってしまいますよね?でも、本当はそういった時って「ありがとう」が正しいんだろうなぁって思うことがあります。言われた方も「ありがとう」の方が嬉しいと思うし。だから、できる限り最近は「ありがとう」というようにしています。言葉を変えてから、相手に与える印象も変わったような気がします。前よりも優しくなったような気が。みんなも何かやってもらった時は「ごめんね!」とか「すいません」よりも「ありがとう」とか「ありがとうございます」って言った方がいいと思いますよ。
先日、図書館で子供に本を取ってあげた時に「ありがとう」と言われたのが、こういったことを考えるようになったきっかけです。子供の時ってそういえば、何かをしてもらった時に「すいません」とか「ごめんね」なんて言わなかったかもって思いました。大人になるにつれて、だんだん言葉が変わっていったような気がします。どうして大人になると「ありがとう」よりも「ごめんね」とか「すいません」っていう言葉を選ぶようになるんでしょうね?何か理由があるのかなって思いますが、自分にはよくわからないです。でも、言われて気持ちのいい方を選ぶのはいいことだと思います。

読書には脳を活性化する効果があるって知っていましたか?読書をすると脳のトレーニングになるので、頭の回転を早くしたいのであれば、本を読むようにしてください。読書をすると知識量が増えて、教養も深まります。さらに大脳が刺激され、脳の働きが活発になります。小説を読むと色々なことを想像しますよね?登場人物の顔とか景色とか色々と。こういったことを想像すると大脳が刺激されるみたいです。読書をすると本に書いていることをあたかも自分が体験したように錯覚するようです。この働きはゲームをしている時には起こりません。
脳が活性化されると想像力も良くなります。活字から様々なことを想像するので、自然に想像力が身につくようですね。たしかに私も本を読むようになってから、想像力が高まった気がします。私の場合は想像というか妄想かもしれませんが。勉強の成績がいい子供は本を読んでいることが多いので、子供の成績を伸ばしたいなら読書をさせるのがいいかもしれません。もちろん、子供だけではなく、大人にも効果があります。想像力もそうですが、集中力を身につけるためにも有効な手段だと思いますよ。本を読むという行為はかなり集中力を必要とするので、集中力が低い人は読書を始めてみてはいかがでしょうか。

ながーいお付き合いが続いているお友達ですが、昔から雑な所は全く変わりません。新しい電気機器とかかってもまったく説明書を読まずに触ってたらわかるよ、というタイプ。よく物を落としたり掃除もとっても適当。でもその適当さがいいのかいつもどちらかというと楽しそうに毎日を送ってる印象が強いんです。彼女が言うには、雑な分気にする事も少なくて済むんだそうです。掃除するのにいちいちやきもきしてたらいらいらするでしょ、私にはそういうのが無いからストレス少ないかもねって。そんな彼女でも唯一整理整頓されているのが本棚。読書が大好きで蔵書といってもいいぐらいの数の本がたくさんあって、しかも綺麗に分類されているんです。他の事は気にならないけどここだけは気になるといって、いつもぴかぴかに磨いています。本は大事にするけど、快く貸してくれるしお勧めの本をどんどん進めてくれるのでいつも助かっています。なのでそんな彼女のお誕生日プレゼントやお土産は新刊や続刊でまだ買っていないだろうという物をいつも持って行きます。毎回今晩から読むといって、ベッドの横に読むスタンバイをさせてくれているので持って行き甲斐もあります。
今度のお休みは彼女とお茶の予定です、なにかいい新刊は出てただろうか?

今週の失敗談。と称してこの1週間を通して後悔すべき事、失敗してしまった事を自分で考える事にしています。些細な事ばっかりなんですけどね、長い目で見たら改善すべき事も中にはあると思いまして。今週のやってしまった、友達との約束に寝過ごして遅刻(遅れると連絡はしましたが)、食べ過ぎに気をつけようと思いながらのおやつ食べすぎ、お小遣いの範囲を超えての本購入、掃除を怠ったなどなど。やはり気をつけるべき事ばかりですね。約束に遅れてばかりだと友達を失ったり信用を無くしたりします。食べすぎは健康にも良くないし見た目もよろしくなる事はありません。あとは予算内で買い物を済ませる事。貯金しておかないと何かあったときに困るのは自分ですからね。たまにこうやって自分を振り返ることをしておけば、ずるずると悪い癖が後を引くのを少しでも防げる気がします。人から言われて直すのではなく、自分から進んで改善していけば回りにもその努力というか、頑張りをきっと分かってもらえると思うんです。誰かの為にやっているわけではありません、全て結局は自分の為なのです。自己分析とまではいかないけど、毎日の生活を見直すことによってどこがいけないのか、又良いのかも見えてきます。いい所は引き続き、悪い所は少しずつでも直せていけたらなと思っています。

近所に本屋さんが何件あるか知っていますか?私は知りませんでした。今でも正確な数を知っているとは思えませんが、この間気になって街中を巡ってみたのですが、意外にたくさんの書店があることに気が付きました。チェーン店の大きな書店だと目立っているし、自分もよく通っているのですぐに思いつくのですが、個人で経営しているお店や古書店になると、なかなか目に付かない場所にあるものですよね。また、学校の教科書の販売や、配達書籍などを中心に取り扱っているお店になると、シャッターを開けて商売をしているという体制を取っていないようです。そのため、注文や問い合わせは電話が主流で、店の見た目には本当に経営しているのか分からないくらいです。
本屋さんを探しながら歩いていると、お店によっては趣向が違うということがわかります。駅前に建っている場合は新聞を多く取り扱っていて、通勤客を主に集めているのでしょう。また、学校や住宅街の近くに店舗を構えている場合は漫画や雑誌を多数取り揃えています。調べていくとこうした違いも分かってきて、自分が何か一冊欲しいという場合もそのジャンルに応じて行く店を買えれば難なく入手できる気がします。なんだか小学生の自由研究をやっているみたいで楽しかったです。今度は違う町に行ってみようかな、なんて思っています。