Monthly Archives: 6月 2016

足に合わない靴だけど可愛いから無理に履いているといった人はいませんか?私もたまにやってしまいますが、これってけっこう良くないみたいですね。先日読んだ雑誌にどんなに怖いことなのか書いていました。もし、合わない靴を履き続けてしまうと足の血液の流れが悪くなって、リウマチを引き起こしたり、体に不自然な負荷をかけてしまって骨格が歪んでしまうようです。その結果、腰痛や肩こり、頭痛を引き起こすみたいなので、気を付けた方がいいですよ!ほかにもO脚や猫背、魚の目、外反母趾なども起こしやすくなります。
一番いいのは店員さんに相談して購入することです。このことを知ってから、自分で適当に選ばずにお店の人に聞くようにしています。このくらいのサイズで大丈夫なのか聞くと優しく教えてくれるので、みんなも無理に自分で決めずに選んでもらった方がいいと思います。そして、しっくりこないものを持っているなら早めに処分すべきです。持っていると履いてしまう可能性があるので。捨てるのはもったいないので、リサイクルショップで売るといいでしょう。ブランドものならけっこういい金額で買い取りしてもらえますよ。この前、履かなくなったスニーカーを売ったらいい値段になったので、本代にあてました。

趣味はストレス発散になりますし、交友関係も広げられるので、ないよりもあった方がいいですが、だからといって無理やり作るものではありません。無理に行うと逆にストレスになってしまったり、続けることができないので、興味のないものをわざわざやる必要はないです。大事なのは楽しむこと!楽しくないと意味がないので、無趣味の人は自分が楽しいと思えるものを探してください。そのためにも大事になってくるのが、どんなものがあるか知ることです。メジャーなのは、スポーツ系だと自転車やランニング、ウォーキング、テニス、フットサル、スイミング、サーフィン、野球、ゴルフ、ボウリングなどです。インドア系だと読書やアクセサリーづくり、英会話、プラモデル、熱帯魚、ペーパークラフト、囲碁、将棋、カメラ、料理、ヨガ、カラオケなどがメジャーでしょう。こうした中から「面白そう!」と感じるものを選んで始めてみてください。
やってみてつまらないと思ったら我慢して続けずに他のことに乗り換えても全然OKです!色々やらないと向いていることと出会うのは難しいですし。私の場合、一番向いていたのは読書でした。他にも色々やってみましたが、本を読むのが一番しっくりきます。

最近、昔同僚が本屋でバイトしていたことを知りました。どんな感じだったのか聞いてみたら、丁寧にメリットやデメリットを教えてくれたので、みなさんにもお伝えしたいと思います。これからバイトをしようと思っている人は必見ですよ!まず、一番のメリットは常に本と触れあえることです。これは読書好きにとって素晴らしいことですよね。毎日色々な作品と触れあえるので、楽しいと言っていました。また、社員割引も醍醐味の1つです。本屋によっては社員割引があって、通常よりも安く小説などが買えます。同僚はこれを利用して、いっぱい買ったと言っていましたよ。ただ、ないところも多いみたいなので、事前に確認した方が良さそうです。さらに専門知識が勝手に増えていったり、売り場づくりができるといったメリットもあります。
そして、意外と体力を使うのがデメリットっぽいです。楽な仕事というイメージが強いですが、実際は違います。本がいっぱいに詰まった段ボールを持ったリ、雑誌の入れ替えをしないといけないので体力を使うことが多く慣れるまでかなりしんどい!あと「時給がそこまで高くない」と悲しそうに嘆いていました。なかなか時給が高い本屋さんってないみたいです。