Monthly Archives: 1月 2018

先日、なんかすごい記事を見つけちゃったんです。何がすごいかって、歩く速さと年収には相関関係があるっていうんです。そう言われれば、そうかもしれないとは思えますけど、そこには具体的な数字が載っていたから驚きなんです。ヘルスケアの調査で、男女1万362人が参加した結果だというから、信憑性もありそうです。それは、歩数や睡眠時間、消費カロリー、移動距離などが測定できるものを使って行われたようです。
その結果、年収が高い人ほど平均歩行速度が上がる傾向が見られたんだそうです。年収100~200万円未満の人は平均時速2.52キロメートル、400~500万円未満の人は2,69キロメートル、600~700万円未満の人は2.95キロメートルとなり、1000万円を超える人はさらにスピードが上がり、3,13キロメートルにもなっていたんです。通常、ウォーキングは時速3キロ以上って言われてるから、もう『軽い運動』をしているも同然です。この結果から読み取れるのは、人より前に前にと動き回るビジネスマンだからこそ高収入を得ているのだろうということでした。ここまではっきりと数字に表れるなんて疑いの余地がありませんよね。その記事の最後には、新しく恋人が出来たなら、歩く速度を見れば彼が年収が高いかどうかがわかるかもしれない、なんて書いてありました。思わず笑っちゃいました。けど、なんだか私も道行く人たちをそんな目で見てしまいそうです。

普段、意識して「脳を活性化しよう」なんて思わないですよね。でも、良いアイデアや悩んでいたことの解決策を思いついたのは、意外にも歩いているときだったという経験をしたことがある人は多いかも。私も職場に向かっているときや帰宅しているときに、ふとイイ案を思いついたことがあります。ソレって、実は科学的に証明されていることなんだそうです。先日、ある大学の先生のインタビューを読んだんです。その先生によると、歩いている時には全身のたくさんの筋肉が関わり、脳は感覚情報も処理しているんだそうです。つまり、その時に脳は活発になっているらしいんです。まず、周囲に注意を払うようになり、能動的に感覚情報を取得します。そして、歩くという運動により脳の海馬の働きが活発になり記憶力が上がるのです。前頭前野の活動が高まるから情報処理レベルが上がり、結果的に仕事もはかどるんですって。なにより、歩くことで脳内物質のセロトニンやドーパミンが放出されてスッキリした気分になり快感が得られるんだそうです。これほどのメリットがあることがわかっているから、オフィスワークの人は体を動かせるスペースがあればストレッチをするとか足踏みをするだけでも効果は期待できるんですって。さぁ、オフィスワークの合間には立ち上がって足踏みをしてみましょう。良いアイデアが思い浮かぶかもしれませんよ。

健康やダイエットには水が良いということは、みんな知っていますよね。1日に1.5リットルくらい飲むのが理想だとも言われています。でも、一度に沢山摂取するのは良くないんだそうです。そうすると、体内に吸収しきれずにすぐに排出されてしまうんです。だから、起床後と食事中、食間と分けるのがいいらしいです。特に、3度の食事の間に多く摂取するように心がけることが大事なんですって。先日見かけたコラムには、その種類について書いてありました。それは大きくわけて3種類に分かれます。私、これって今までよくわからなくて疑問に思ってたから、やっと理解できてスッキリしました。スーパーで買う時に、いつもラベルの記載を見ては「こっちがいいのか、あっちがいいのか」なんて思っていたんですもの。そのコラムによると、日本人に合っていて一番飲みやすいのは軟水なんだそうです。硬度100以下のものをこう呼ぶんですって。そして、ヨーロッパや北米に多く、ミネラル分が多いのが硬水です。夏場やスポーツをした際のミネラル補給に役立ちます。それに排便を促す働きもあるようなんだけど、日本人は飲みなれていないから胃腸の弱い人は下痢をしたりすることもあるんだそうです。だから便秘がちの人にはいいかもしれません。あと一つは炭酸水です。もちろん、砂糖が入っていないものに限ります。胃で炭酸が膨れるから満腹感に繋がり食べ過ぎ防止になるんだって。そういう意味ではダイエットには向いていますよね。そのコラムを読んで思ったのは、便秘とは縁がない私には飲みなれてる軟水が一番合ってたんだなっていうことです。これからは安心して買うことができます。