ぼけ防止には「どんどん書くこと」

まだまだ「ぼけ」とはほど遠い年齢なのですが、「ぼけ防止」にはどんなことをすれば効果的なのかが書かれた小冊子があったので、読んでみました。ぼけないようにするには交友関係を広めておしゃべりしたり、趣味に夢中になる時間があったり、いろいろあるのですが一番手軽で毎日できることは「どんどん書くこと」なんだそうです。指先には神経が一番集まっていて、ここを動かすと脳の若さが保てるのだそうです。そういえば指先を動かしてると良いって、聞いたことがあります。
近年はペーパーレスの時代で、あまり文字を書かなくなってきましたが、やっぱり書くということは、指先にも脳にも精神的にも良いのだそうです。肝心の「なにを書けば良いの?」ということですが、書くことは何でも良いのだそうです。テレビでタレントさんが話していることを書いても良いし、好きな歌の歌詞を書いても良いです。とにかく毎日文字を書くことが大事で、どんどん書いている人は、ほとんどぼけないのだそうです。それでも何を書いて良いかわからない人は、新聞紙の文字のなぞり書きです。小さな文字が見えなかったら、見出しで良いのでマジックやペンなどで、上からなぞっていくのです。これだけでも全然違うそうですよ。