寂しいときは小説の世界にダイブ

寂しいときに良く小説を読むことがあります。私は時々寂しくなるときがある夜があるので、そういったときは小説を読むようにしています。不安になったときや寂しくなったときに小説を読むと心が落ち着いて気持ちの整理にもなります。
よく現実逃避をするために小説を読むという人がいるけれど、私はそれは違うなと思います。現実が嫌だから小説を読むのではなくて、現実をより充実させるために小説を読むのだと思います。それができるからこそ現実も楽しく充実してくると思います。
特に寂しくなったときなどは小説を読んで気持ちを安らかにしています。その小説を読み終わったときには程よい達成感と幸福感がこみあげてきて、おのずとやる気も出てくるのですよね。
つまり小説は現実逃避ではなくて現実をよりよいものにしてくれるものだと私は思っています。今日も小説の世界にダイブしていきます。その世界はどこまでも広がっていて、文字だけなのにそこには世界が広がっているのです。
夜になると寂しくなるという方は小説などを読んでみるのも良いのではないかなと思います。特に幸せになれるような小説を読んでいると心の底からやる気も出てきて良いと思いますよ。ためしにラブストーリーとか読んでみるのがおすすめです。