マンガの存在力

子どものころ、マンガやアニメの主人公に憧れて、洋服を真似してみたり、髪形を真似してみたり、魔法が使えるアイテムを買ってもらったり、友達を巻き込んでお互いの役を与えままごとをしたりしたことが、きっと誰でも一度はあると思います。現実にはありえない動物と話を出来る主人公に憧れたり、魔法使いや変身できる登場人物に憧れたり、自分とは全く違う登場人物になってみたいと思ったり、子どものころに憧れる物はたくさんあります。実際、幼き頃はそれがいつかできるもんだと心のどこかで勝手に信じていました。そして大人になってそれは夢物語だとわかるのです。それでも、そんな夢を与えてくれたり、憧れる主人公や登場人物を作り出し、子ども達に夢を与えてくれたマンガやアニメは凄い物だと思います。今でも楽しみで読むマンガですが、子どものころを思い出して嬉しくなります。代わりに小説を読むようになり、ファンタジーなどの夢物語なども読みますが、在りえそうで在りえないすれすれなお話、もしくはどこかで起こっているんだろうけど自分の周りでは起こっていない事、隠れた所でありそうな話を読むのが最近の楽しみです。成長と共に読むものも変わるんですね。それでもマンガの存在力は大きい気がします。