進まない引っ越し作業

今日は友人の引っ越しを手伝ってきました。業者に頼むのが嫌だからと一から荷造りをしなければいけません。友人は一人暮らしのため、そんなに荷物はないだろうと高をくくっていたのですが、実際訪れてみると、予想以上に物があり驚きました。特に多かったのは本で、本棚の量もさることながら、本棚に入りきらないで床に放置されている分を合わせると結構な量があります。引っ越し業者や運送会社に頼むのが嫌だという理由がなんとなくわかった気がします。
ひとまず本を箱に詰めようとしていると、友人からできるだけ分類分けをするように言われました。本の数が多い分それだけジャンルも多く、普通の小説から絵画集までさまざまな本があります。もともと本棚でも大まかにジャンル分けをしていたので、その作業は大して苦になりませんでした。しかし、本を手にするたびに、私の心をくすぐるようなタイトルが多数出てきます。友人とは結構趣味が合っていたので、不思議な事ではありません。時折流し読みをさせてもらってはその分急いで作業をしました。また、友人にしては以外にも思える本も見つかり、結構長い付き合いですが、新たな一面を知ることができた気がします。
引っ越し作業が終わり、友人が食事を奢ってくれました。お酒を飲みながら話すのは、本の話ばかりでした。