図書館での奇跡

近頃は図書館に足を運んでいます。今まで読書は好きな方でしたが、街の図書館へは何となく足が遠のいていて、行くことはありませんでしたが、先日買い物の途中に図書館の前を通りました。そのときに時間もあったしなんとなく入ってみようという気持ちになりました。その図書館は学生の時に利用して以来で、なんだか懐かしい気持ちになりました。建物自体は変わっておらず、館内の装飾や雰囲気も同じままでした。なんだか嬉しくなって本棚をたどっていくと、読んでみようと思っていた本や、気になるタイトルの本、高くて買えなかった本など当然ですが、たくさん見つかりました。
気になる本が見つかると、どうしても読んでみたくなります。読書コーナーへその本を持って行き、ついつい読み進めてしまいました。気付けば結構な時間が過ぎており、そういえば買い物の途中であったことを思い出しました。しかし本の内容もいいところで切るわけにはいきません。なので、貸出利用カードを作ることにしました。子供の頃は母が申し込みをしてくれましたが、今度は自分で申込書に記入して受付へ。すると受付の人から「以前こちらの図書館を利用したことはありませんか?」と尋ねられました。びっくりして頷くと、なんと子供の頃に通っていた私の名前を覚えてくれていたらしく、声を掛けてくれたのです。なんだか久しぶりに小学校へ帰ったような懐かしい気持ちになりました。貸出カードは新規ではなく紛失の扱いになり、私の記録は小学生からまた更新されるようになったのです。ちょっとした奇跡に胸を暖かくして、またすぐに図書館へ行くことにします。