国が違っても願いは同じです

最近外国の人を見かけることが多くなりましたね。テレビの中でも頻繁に取り上げられており、実際街でも普通に見かけます。私もこの間図書館で外国の方に会いました。その方は小説のコーナーにいました。私も偶然同じ本棚に用事があったので、近付くと、なんと日本語を流暢に使って話しかけてくれました。驚きながらも返事をすると、どうやら探している本が見つからないとのこと。タイトルを聞くと私が読んだことのある本だったので、すぐに見つけられました。手渡すときに「日本語がお上手なんですね」と言うと、「日本の小説を呼んで覚えました」との返答が。話も弾んでしばらく二人で話していると、私よりかなり多い量の本を読んでいることがわかり、日本語が上手な理由がわかりました。
しかし、その方が言うにはまだまだ外国には翻訳された日本の小説が少ないのだそうです。日本では外国人作家の本も多く並んでいますが、それでも少ないと感じることがありますが、海外から見ても同じことなのかもしれませんね。別の言語を自国の言葉に翻訳するのはとても難しいと聞きますが、望んでいる人も私たち以外にもたくさんいると思うので、もっと多くなればいいなぁ、と二人で思いました。