話し上手の一歩

本を読んでいると自然といろいろな能力が身に着いたりします。この間友人に「話し上手だよね」と褒められてしまいました。いままで意識をしていたわけではなかったのですが、普通に話していても、何となく結論を後に取っておいたり、先に言ってその内容を説明したり、場面によって使い分けることができている、と友人は言います。改めて言われてしまうとなんだか気を良くしてしまいます。同時に「どうしたらそんなに上手く話せるの?」と問われてしまいましたが、「本をたくさん読むことかなぁ」としか言えませんでした。
どんな話であっても、起承転結はしっかり作られており構成が自然と身に着いてくるような気がします。全体的に見ても、短文で見ても、言いたいことはしっかりと伝えやすくしているのがわかります。文章だけでなく、落語や漫談なども意識して聞いてみるとよりしっかりと起承転結を理解することができると思います。
そういう風に考えた私は後日友人にその内容を話してみました。すると「読書するって感受性を養うだけじゃないんだね」と感心してくれたので、なんだかちょっとした先生気分になってしまいました。教えた自分もこれからまた違った読み方ができるような気がします。