勉強とインターネット

どんな時でも勉強をすることってありますよね。学生時代は学習が本職なので、教科書や参考書を持ってノートに一生懸命書き連ねた覚えがあります。勉強をしているときに常備するものは、使い慣れた筆記具に自分がわかりやすいと思った参考書や先生に聞いたメモなどさまざまです。大人になってとある分野を覚えようとすると、先生に気軽に聞くこともできないので、ある程度は独学でやらなければなりません。
そんなときに役に立つのはやはりインターネットです。ちょっとした単語が分からなくなったときには検索エンジンに掛けるだけで目的の言葉を見つけることができます。また、それに関連して新しい発見をしたり、教科書や参考書とは違った言葉を見つけることもできます。しかし、インターネットも全て正しいことが書かれているとは限りません。たとえば情報が古かったり、数値が間違っていたりすることも多々あります。それを見極めるのは少し大変ですが、調べるのが楽しくなればあまり苦になりません。
インターネットの活用法には、ただ情報を調べるだけではなく、参考書を見つけるのにも役立ちます。近くの書店には置いてないものや、すでに発行がされていないものなどを見つけることもできるので、フル活用しています。