病院に置く本を選ぼう

読書をする機会というのは実にさまざまな場面があります。一番身近なもので言えば自宅で購入した本を読むことですが、外出時に読むと言ったら図書館ですよね。図書館は私も好きで、よく通っています。しかし図書館を利用しなくても外出時に本を読む機会は結構あると思います。
私の知り合いで看護師をしている人が居るのですが、先日「病院の待合室に置く本を一緒に買いに行ってほしい」と頼まれました。病院に置いてあると言えば、雑誌が多いと思っていたのですが、近頃は子どもの患者さんも増えたことで、少ない冊数を取り合ってしまうことが起こると言います。そのため、新しいタイトルを増やしたいとのことでした。
書店へ向かい、児童書のコーナーに行くと昔読んだことのある本が並んでいて、ちょっとワクワクしました。その人と一緒に買うものを選びながら思い出話をしていると、小さな頃に読んだ作品は結構似ていることがわかりました。そこで、病院に置くものもそういった種類にしてみれば、お母さんも一緒に楽しく懐かしみながら読むことができると思いました。
新しい作品と昔ながらのものを数点購入して店を出て、その日はそのまま別れました。後日訪れた患者さんが「懐かしい!」と言ってくれているのを教えてもらい、とても嬉しくなりました。