視力を良くする方法

読書好きの人にとって怖いのが視力の低下です。長時間読み続けていると視力が低下する可能性があります。ちゃんと休憩を入れたり、目を休ませないと視力が悪くなるので注意してください。ただ、既に目が悪くなったという人もいると思います。そんな人のために視力が良くなるといわれている方法をいくつか紹介します。まず、チェックして欲しいのが目の状態です。目が乾きやすい、涙が出るといった人はドライアイの可能性があります。スマートフォンの普及によってドライアイ患者が増えているそうなので気をつけてくださいね。ドライアイになると目が悪くなりますが、ムチンと呼ばれる成分が配合された薬を使用すると視力が戻ります。ムチンは涙の膜を均一にする効果があるそうです。この目薬は眼科で処方してもらえます。ドライアイの検査でひっかかったら、処方されるかもしれません。
そして、毛様体筋と呼ばれる筋肉のトレーニングをすることで視力がアップするといわれています。毛様体筋は自律神経によってゆるんだり、緊張したりする目の筋肉です。近視の人はこの筋肉が緊張状態にあるので、遠くのものがぼやけてしまいます。毛様体筋のトレーニングは簡単です。近くと遠くを交互に見てください。そうすると緊張がほぐれて遠くのものが見やすくなります。