自分に期待するということ

先日テレビを見ていたら、ある歌手の人が「いくつになっても新しいことに挑戦していきたい」って話していて、すごくエネルギーを感じました。人間ってややもすると楽な道を選んでしまいます。年齢を重ねると尚更だと思うんです。のんびり、ゆっくり、気楽に生きたいと。もちろん、それも悪くはないでしょう。けど、年齢に関係なく前向きな人はすごく魅力的だなって思います。
そう言えば、以前読んだ本に「人が進歩し続けるためには、常に自分に期待することが大切だ」と書いてありました。「自分にはまだ伸び代がある」と思って努力することなんだそうです。心から素直に共感できました。「これ以上ムリだ」と思えば、そこで止まってしまいます。挑戦しなければ結果はもちろんなく、伸びる可能性もなくなります。「まだまだ可能性がある」と期待することって本当に大事だと思います。仕事でも趣味でも。それによって色んなことに興味を持てて、面白いと感じられるようになるんですよね、きっと。だから、エネルギーが湧いてくる。
私もこのまま無難にお仕事していければいいかなって思ったことがないと言えば嘘になります。挑戦することが億劫に感じたこともあります。けど、気持ちの持ち方一つで、人は進歩できるものなんですよね。
「私にはまだまだ伸び代がある」と思って挑戦を楽しんでいけたら、それはとっても素敵なこと。