深夜食のルール

仕事の都合でどうしても晩ごはんが遅くなることがあります。夜遅く食事をすると太りやすいというのは、みんな知ってることですよね。でも、疲れていて家に帰ってから作るのも億劫です。簡単にお腹がいっぱいになるものってなると、おそらく太りやすい物になるんだと思います。
この前見かけたコラムは『22時以降に食べても太りにくいもの』という内容でした。そもそもなぜ夜遅いといけないのかというと、人間の体には寝ている間に脂肪を蓄える機能が備わっているからだそうです。けど、じゃあ、食べなければいいのかというと、それも違うんだって。そうすることで体自体が飢餓状態になるから、かえって脂肪を溜めやすくなる『貯め込みモード』になってしまうそうです。ポイントは低脂質、低カロリーで満腹感を得られる物を選ぶこと。手軽に済ませようとコンビニに行ったとしたら、レジ近くの揚げ物は絶対に避けなければいけません。炭水化物より汁物や野菜の副菜がベストなんだって。であれば、野菜スープやポトフなんかが一番かも。まとめて作って冷凍しておけば、電子レンジでOKですものね。それと、いくらか早めの時間に少しだけ炭水化物系のものを食べておくのも効果的なんだそうです。
深夜食のルールを決めて、自分なりに工夫することが大事なのかもしれません。よし、決めた!今度、ポトフをまとめて作り置きしておこうっと。