まずは一歩踏み出そう

今までにアスリートの人が自分の体験や考えを書いた本を読んだことがあります。ビジネスでも成功した人たち共通点を書いてある本を読んだことがあります。それらは小説とは違って、すべて現実のことだから、自分の日々の生活と比べてみたり、何か生かすことができないかと考えてみたりします。小さなことでも、大きな課題でも、何かをやり遂げるには絶対に困難はつきものですよね。神様に試されてるのかと思えてくるほど必ず。そこを乗り越えないと成し遂げられません。だから挫折してしまうことだってあるんです。けど、どの本にも書いてあることは、決してあきらめないことだって。あきらめたら叶うものも叶わないって。確かにそうなんです。でも、言葉にするのは簡単だけど、それを続けることは簡単じゃないんですよね。人生では、学生のときの受験から始まり、社会人になっても試験やクリアしていかないといけないことが沢山あります。もうこのあたりでヨシとするか、と思ってしまうことがあります。でも、自分で目指すことがあれば絶対に困難な道は通らないといけません。実は私には学生の頃からの夢があるんです。忘れていたわけではないんだけど、日々の忙しさに紛れて考えようとしていなかったんです。それでもいいかな、と思う自分がいるけど、それではダメだと思う自分もいます。以前読んだ成功した人たちの本を思い出して、今は気持ちがフツフツとしています。一歩踏み出すことに遅すぎるなんていうことはないんです。諦めないでチャレンジしてみようと思います。