記憶力が即アップする?

仕事でも習い事でも覚えなきゃいけないことは日々沢山ありますよね。意外に簡単に覚えられる場合もあれば、何か悪いものに取り憑かれているのかと思うくらい覚えられないこともあります。振り返れば、子供の時って案外スッと頭に入っていたように思います。こんな悩みって大人になってからのことですよね。
実は先日、記憶力が即アップするという夢のような記事を見かけたんです。それによると、4つのポイントがあるんです。基本的には記憶の最短ルートは好きなことをしながら暗記するというものなんです。定着させるためには何度も反復することが大事だから、ポジティブな気持ちで向き合える習慣をつけることで充実するらしいんです。
そして、定着させるためのコツがあって、まず『手書きをする』ということなんです。そもそも記憶に残すということは『強く印象に残す』ということなんです。そのためには、いつもとは異なったことをするとイイんだって。サラサラっといつも通りにメモするんじゃなくて、ゆっくり丁寧に書いて違和感を残すことが必要なんだとか。同じような原理で、いつもと違うサイスのノートを使うとか異なった文字で書いてみるとか、筆記具を変えてみるなども良いようです。そして、一番大事なことは復習のタイミンなんだそうです。人はインプットして20分後には42%を、1時間後には56%を、1日後には73%を忘れてしまうんだって。だから、そのポイントに気を付けて内容の反復をする必要があるのです。この理論、以前にテレビで有名大学の学生が話していたことと同じです。でも、そう考えると、記憶の最短ルートはあったとしても、反復は必須なんです。そりゃ、そうですよね。