将来の夢は?

この前、職場の人が高校生の息子さんの話をしてたんだけど、実は彼女、息子さんの夢について悩んでるようでした。なぜって、息子さんが歌手になりたいと言ってるというんです。夢を持つことはいいことだけど、彼女としては普通に大学に行って就職をしてほしいという思いもあるって。歌手になれる可能性なんて、そうそうあるものじゃないって。その気持ちはわかります。ほんの一握りの人しかなれないし、仮になれたとしても、それを職業として生活ができる人なんて、そのまた一握りですものね。でも、芸能界への憧れってみんな通る道だと言ってもいいくらいですよね。私だって子供の頃には歌手になりたい、アイドルになりたいって思ってましたもの。以前、小学校のときに書いた日記のような物が出て来たんです。そこにはまるで小説かと思うくらいの物語が書いてありました。自分がこうなりたいと思ってることを書いてたんです。こんなことを真剣に考えてて、その夢を叶えることができると思ってたんだなって、我ながらビックリでした。大学生の頃にはお芝居にも興味があって、劇団にも所属したこともあります。けど、結局は自分で決断をして、別の道を歩んだってことなんですけどね。
夢を叶えるためにチャレンジすることは悪いことではありません。たった一握りだとしても、精一杯の努力で叶うこともあります。たとえ夢が叶わなくても、その経験はきっと将来に生かせると思いますしね。母としての彼女の気持ちもわかりますけど、私としては昔の自分の気持ちを思い出すから、息子さんを応援したいなって思います。