若かったときには、どんな小説を読んでいた?

若かったときには楽しかった小説も、自分が年をとった時には、どこが楽しかったのかな?とか思うこともあるのです。もちろん、その反対もありますよね。だから、小説はその人が今どんな気持ちなのかということにも大きく関係をしてきます。たぶん、人間の気持ちは毎日のように変わっていくものですから、小説のことも自分の気持ちにあっていたらよく分かるものね。
私も若いときには、たくさん小説を読んだものですが、今はまったく読んでいないですね。若かったときには、小説から学ぶこともたくさんあったように思うのです。けれども、今は毎日の仕事をしていたら、小説から学ぶことも少なくなったように感じます。
若かったときに読んだ小説も読みなおしてみたら、楽しいのかもしれないですね。最近、自分はあまり小説を読まなくなったから、少し若かったときに読んだ小説を見ようと思います。
あなたは若かったときには、どんな小説を読んできましたか?ほかの人が若かったときには、どんな小説を楽しみながら読んでいたのかにも興味があります。ほかの人に若かったときに読んでいた小説のことも聞いたことがないものですから、今度機会があった時には、誰かにたずねてみてもいいかもしれませんね。